国内

感染力第5波倍増に対応 - 15日にコロナ対策骨格指示

 政府は14日、新型コロナウイルス対策の全体像の骨格に、感染力が今夏の流行「第5波」の2倍程度になっても対応できる医療体制をつくることを盛り込む方針を固めた。岸田文雄首相が同日の記者会見で明らかにした。15日に骨格を発表し、具体策を肉付けした全体像を取りまとめるよう関係閣僚に指示する。

 首相は「最悪の事態を想定して強力な対策を準備することが必要だ」と指摘。対策の骨格に関し、コロナ患者向け病床と申告されていたにもかかわらず実際には使用できなかった「幽霊病床」の改善にも言及した。「感染拡大時の病床稼働率を8割超まで引き上げる」とも述べた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

メモ機能付きポリ袋オープナー

プレゼント写真
提供元:ヒサゴ
当選者数:5人
  • 奈良新聞創刊記念プレゼントキャンペーン
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報