スポーツ

日本女子が4強入り - バド、男子は準々決勝へ

 男子トマス杯1次リーグのマレーシア戦でプレーするシングルスの桃田賢斗=オーフス(AP=共同) 拡大

 バドミントンの団体世界一を争う国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユーバー杯第6日は14日、デンマークのオーフスで行われ、女子で2連覇を目指す日本は準々決勝でインドを3―0で下し、6大会連続の4強入りを決めた。男子で1次リーグD組の日本はマレーシアを4―1で下して2戦2勝とし、同組1位で準々決勝に進んだ。

 女子はシングルスで山口茜(再春館製薬所)、高橋沙也加(日本ユニシス)、ダブルスで福島由紀(丸杉Bluvic)松本麻佑(北都銀行)組がいずれも2―0で勝った。

 男子はシングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)がリー・ジージャに逆転勝ち。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

メモ機能付きポリ袋オープナー

プレゼント写真
提供元:ヒサゴ
当選者数:5人
  • 奈良新聞創刊記念プレゼントキャンペーン
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報