主要

982人が立候補準備 - 小選挙区に852人

 国会議事堂 拡大

 衆院が解散された。共同通信社の14日までの調べで、第49回衆院選には小選挙区で852人、比例代表単独で130人の計982人(うち女性175人)が立候補の準備を進めている。自民党と立憲民主党は既に1次公認を発表。19日の公示日が迫っており、自民は小選挙区で数カ所残る競合の回避へ最終調整を進める。立民と共産党は可能な範囲で一本化を図った。

 各党は今後、小選挙区と比例代表の重複立候補者や、順位付きの比例名簿を正式発表する。公示までに立候補者はさらに増える。前回2017年衆院選の立候補者は1180人だった。

 議員定数は小選挙区289、比例代表176の計465。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

メモ機能付きポリ袋オープナー

プレゼント写真
提供元:ヒサゴ
当選者数:5人
  • 奈良新聞創刊記念プレゼントキャンペーン
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報