国際

東南アの民主主義「後退」と警鐘 - 平和賞のフィリピン女性記者

 14日、共同通信の取材にオンラインで応じるマリア・レッサ氏=マニラ(共同) 拡大

 【マニラ共同】今年のノーベル平和賞受賞が決まったフィリピンの女性ジャーナリスト、マリア・レッサ氏(58)は14日、共同通信のオンライン取材に応じた。国軍によるクーデターが起きたミャンマーなどを挙げ「東南アジアで民主主義や報道の自由が後退している」と警鐘を鳴らした。

 レッサ氏はニュースサイト「ラップラー」を率い、強権的な政策を進めるフィリピンのドゥテルテ大統領に批判的な報道を続けてきた。国内での取材活動で自身に約10件の逮捕状が出されたとして、「誰もが包囲されていると感じている」と政権による監視や圧力があると訴えた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

メモ機能付きポリ袋オープナー

プレゼント写真
提供元:ヒサゴ
当選者数:5人
  • 奈良新聞創刊記念プレゼントキャンペーン
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報