カルチャー

コロナ、東京の救命救急なお影響 - 警戒レベル据え置き

 東京都は14日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開いた。重症者数がピーク時の約7分の1に減少した一方で、専門家は「集中治療室(ICU)など重症用病床の使用が長期化し、救命救急医療体制に影響が残っている」と指摘。医療提供体制に関する4段階の警戒レベルを危険度の高い方から2番目に据え置いた。感染状況のレベルも高い方から3番目を維持した。

 都内の新規感染者数は直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数が13日時点で88・7人となり、8~9月の感染拡大時から大幅に減少。480人の入院患者のうち重症者は43人となっている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

メモ機能付きポリ袋オープナー

プレゼント写真
提供元:ヒサゴ
当選者数:5人
  • 奈良新聞創刊記念プレゼントキャンペーン
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報