カルチャー

ブロッコリー出荷本格化へ、鳥取 - 有数産地の大山町

 鳥取県大山町で開かれたブロッコリーの「目合わせ会」=14日午後 拡大

 西日本有数のブロッコリーの産地・鳥取県大山町の集荷場で14日、出荷のピークを前に生産者らが品質や規格を確認する「目合わせ会」が開かれた。大山山麓で生産される「大山ブロッコリー」は甘く柔らかいのが特長。9月下旬に出荷が始まっており、関西や愛知、広島などの店頭に並ぶ。

 目合わせ会では濃い緑色で丸々としたブロッコリーが並べられ、生産者約50人が手に取って色や形を確認。8月後半の長雨の影響で植え付けや生育が遅れ、最盛期は例年より約1週間遅い10月下旬からになるという。

 生産者の高見達雄さん(74)は「どんな食材とも相性がよく、短時間で調理できお薦め」と話した。J

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

メモ機能付きポリ袋オープナー

プレゼント写真
提供元:ヒサゴ
当選者数:5人
  • 奈良新聞創刊記念プレゼントキャンペーン
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報