国内

湯川秀樹氏の旧宅を京大に寄付 - 長谷工、活用方法検討へ

 湯川秀樹博士が晩年を過ごした京都市左京区の邸宅(京都大提供) 拡大

 マンション建設大手の長谷工コーポレーション(東京)は15日、日本人初のノーベル賞受賞者の湯川秀樹博士が晩年を過ごした京都市左京区下鴨泉川町の邸宅を京都大に寄付したと発表した。京大は今後、活用方法を検討する。

 1933年に建てられた邸宅は2階建てで、庭や書庫がある。土地の総面積は約750平方メートル。邸宅を活用した施設の設計は建築家の安藤忠雄氏の事務所が担当し、長谷工側が整備する。寄付は8月27日付。

 湯川氏は京都帝国大(現京大)理学部卒。49年にノーベル物理学賞を受賞した。81年、74歳で死去した。京大は「功績を後世に伝えるため有意義だ」とコメントした。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

肉筆浮世絵の世界展の招待券

宮川長春「立ち美人」1711~36年
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報