スポーツ

世界柔道、大野は決勝で敗れる - 長沢は5位

 柔道の世界選手権第5日は10日、ブダペストで男女各1階級が行われ、女子70キロ級は2018年3位で31歳の大野陽子(コマツ)が決勝でバルバラ・マティッチ(クロアチア)に優勢で敗れ、初優勝を逃した。初戦の2回戦から4試合連続一本勝ちで勝ち上がったが、最後に力尽きた。

 男子90キロ級は18年3位の長沢憲大(パーク24)が5位だった。準決勝では18年優勝で世界ランキング1位のニコロズ・シェラザジシビリ(スペイン)に一本負け。3位決定戦はマルクス・ニーマン(スウェーデン)に延長の末に優勢で敗れた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

ビリー・アイリッシュの映画公開記念特製缶バッジ

プレゼント写真
提供元:イーストワールド・エンタテインメント
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報