国内

欧州中銀、大規模緩和継続 - ユーロ圏成長予測引き上げ

 【コーンウォール共同】欧州中央銀行(ECB)は10日、ユーロ圏19カ国の金融政策を議論する理事会を開いた。1兆8500億ユーロ(約250兆円)と定めた新型コロナウイルス対策用の資産購入枠を維持し、域内各国の国債などを買い入れ市中に資金を大量に供給する量的金融緩和の継続を確認した。コロナの感染動向など先行きに不透明感が漂っているためだ。

 2021年のユーロ圏の実質域内総生産(GDP)見通しは前年比4・6%増とし、3月の前回予測から0・6ポイント引き上げた。22年は4・7%増、23年は2・1%増になると予想した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

ビリー・アイリッシュの映画公開記念特製缶バッジ

プレゼント写真
提供元:イーストワールド・エンタテインメント
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報