カルチャー

和歌山の森、夜光るキノコ - 那智勝浦、幻想的な緑色

 緑色の光を放つシイノトモシビタケ=和歌山県那智勝浦町 拡大

 和歌山県那智勝浦町の宇久井半島の森に自生し、夜間に光るキノコ「シイノトモシビタケ」の発光が4日までに始まった。かさの直径は1~2センチで闇の中、幻想的な緑色の淡い光を放っていた。

 半島にある環境省の施設「宇久井ビジターセンター」を拠点に活動する「宇久井海と森の自然塾」が3日、恒例の観察会を前に森を下見し、発光を確認した。ガイド役の西垣内茂さん(81)は「神秘的でかわいらしい姿から『森の妖精』と呼ばれ、保護している。これから多く見られるので期待したい」と話した。

 観察会は今月15日~7月11日と9月4日~同月26日の土日の夜に開催する。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

JTマーヴェラスの優勝記念Tシャツ

プレゼント写真
提供元:日本たばこ産業大阪支社
当選者数:5人
  • 4月7日は「よんななの日」47都道府県の名産品プレゼント!
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報