国内

東証、午前終値2万9620円 - 国内のコロナ再拡大が重荷

 8日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。国内の新型コロナウイルス感染再拡大が重荷となり、売り注文が優勢となった。下げ幅は一時200円を超えた。

 午前終値は前日終値比110円68銭安の2万9620円11銭。東証株価指数(TOPIX)は15・81ポイント安の1951・62。

 国内で新型コロナの新規感染者が増加しており、大阪府や兵庫県などで過去最多となった。東京都はまん延防止等重点措置の適用を政府に要請するかどうか検討しており、経済活動の停滞が懸念された。百貨店や鉄道、航空会社の銘柄に売りが目立った。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

春季特別展「動物の息吹」の招待券

大橋翠石「猛虎護児之図」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 4月7日は「よんななの日」47都道府県の名産品プレゼント!
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報