国際

台湾、工事責任者が虚偽説明か - 脱線事故原因のトラック転落

 台湾東部・花蓮の特急列車脱線事故現場で、トンネルから撤去された車両=7日(中央通信社=共同) 拡大

 【台北共同】台湾の特急列車脱線事故で、崖から線路に転落して特急と衝突した工事用トラックについて、転落原因は当初伝えられたパーキングブレーキのかけ損ないではなく、工事責任者が運転を誤って茂みに突っ込み、重機で引きずり出そうとしたが失敗して落ちた可能性が浮上した。工事責任者の説明が虚偽だった疑いがある。8日付の台湾各紙が伝えた。

 この責任者は事故後、捜査当局の請求により勾留された。当初、停車させたトラックが転落したと説明。ブレーキの故障の可能性も指摘されていた。事故原因を調査している運輸安全調査委員会は検察に関連資料を送付、検察が裏付け捜査を進めている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

春季特別展「動物の息吹」の招待券

大橋翠石「猛虎護児之図」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 4月7日は「よんななの日」47都道府県の名産品プレゼント!
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報