主要

コロナ後肺障害の患者に生体移植 - 京大病院、世界初

 京都大病院で行われた、新型コロナウイルスによる肺障害患者への生体肺移植手術(京都大病院提供) 拡大

 新型コロナウイルス感染によって左右両方の肺がほぼ機能しなくなった患者に対し、健康な親族の肺の一部を提供する生体移植手術を世界で初めて実施したと、京都大病院が8日、発表した。

 京大病院によると、新型コロナ感染後の肺障害に対する脳死肺移植は中国や欧米で実施されているが、生体肺移植は初だとしている。

 患者は関西地方在住の女性で、昨年末に感染。呼吸状態が急速に悪化し、肺炎の後遺症で両肺は固く小さくなり、ほとんど機能しなくなった。今年4月5日に人工心肺装置ECMO(エクモ)を付けたまま京大病院に入院、夫と息子から肺の一部の提供を受け、7日に移植手術を受けた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

春季特別展「動物の息吹」の招待券

大橋翠石「猛虎護児之図」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 4月7日は「よんななの日」47都道府県の名産品プレゼント!
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報