国際

ホロコースト犠牲者追悼 - イスラエル、規模は縮小

 7日、エルサレムで開かれたユダヤ人大量虐殺の犠牲者追悼式典で、火をともす生存者ら(共同) 拡大

 【エルサレム共同】ユダヤ暦のホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)記念日に当たる7日夜、エルサレムのホロコースト記念館「ヤド・バシェム」で、第2次大戦中のナチス・ドイツによる犠牲者を追悼する式典が開かれた。同館によると、例年約2500人が参加するが、新型コロナウイルスの影響で今年は規模を縮小させ、約500人の出席となった。

 参加したのはリブリン大統領やネタニヤフ首相らに加え、ホロコーストの生存者6人とその家族ら。リブリン氏は演説で、生存者約900人がコロナで死亡したと指摘し「死の収容所を生き延びた彼らは人生の最期に家族と離れ、病院で一人闘った」と悼んだ。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

春季特別展「動物の息吹」の招待券

大橋翠石「猛虎護児之図」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 4月7日は「よんななの日」47都道府県の名産品プレゼント!
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報