カルチャー

米コロナ、英変異株が主流に - ワクチン拡大も感染微増

 英国に由来する新型コロナウイルスの変異株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供) 拡大

 【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)のワレンスキ所長は7日の記者会見で、米国の新型コロナ感染の主流が英国由来の変異株になったとみられると述べた。米国ではワクチン接種が急拡大し、新規感染者数は1月半ばから減少していたが、3月中旬に下げ止まり、最近は微増傾向。バイデン政権は感染力の強い変異株の流行に警戒を強めている。

 ワレンスキ氏は「用心深さとワクチン接種の加速が必要だ」とした。

 CDCによると、ワクチンを少なくとも1回接種した人は人口の約33%に当たる約1億1千万人。このうち必要回数の接種を終えたのは6400万人で人口の約19%に上る。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

ガイド本「御朱印でめぐる全国の聖地」

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報