カルチャー

長崎・黒島天主堂の修復完了 - 世界遺産の離島集落

 修復工事が終了した黒島天主堂で営まれた記念ミサ=23日午前、長崎県佐世保市 拡大
 修復工事が終了した黒島天主堂=23日午後、長崎県佐世保市 拡大

 世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する長崎県佐世保市の「黒島の集落」で、シンボルの黒島天主堂の修復工事が終了し、記念ミサが23日営まれた。1902年に完成したれんが造りの天主堂は、2019年3月からしっくいの壁の塗り直しなどの補修や耐震化工事が行われていた。

 佐世保市の離島・黒島には江戸時代、キリシタン弾圧を逃れた多数の信徒が長崎市外海地区などから移り住んだ。黒島天主堂は1897年に赴任したフランス人神父が設計し、信徒の協力を得て完成させた。現在も、島民の約8割がカトリックを信仰している。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

幼児向けの絵本(3冊1セット)

プレゼント写真
提供元:生命保険協会県協会
当選者数:30人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報