国内

JR四国、冬賞与1・39カ月 - 民営化後最低、コロナ打撃

 JR四国は22日までに、冬のボーナスに当たる年末手当を基準内賃金の1・39カ月分とすることで労働組合と妥結した。前年の1・89カ月分から大幅に減った。JR四国によると、1987年の民営化後、最低という。

 同社は新型コロナウイルス禍の影響で乗客が激減。2020年9月中間連結決算の純損益は53億円の赤字(前年同期は12億円の黒字)に転落し、00年度に中間連結決算の公表を始めて以降、最大の赤字となった。

 今月6日の記者会見で西牧世博社長は「コロナが収束しても、乗客数がコロナ禍前の水準に戻るのは困難」と述べ、運賃の値上げを検討する意向を示している。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

写真絵本「みそしるをつくる」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報