主要

競技団体、3割が被害を認識 - 性的画像問題でアンケート

 アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題で、JOCなど7団体が発表した共同声明をデザイン化したボード。右奥から3人目は記者会見するスポーツ庁の室伏広治長官=13日、文科省 拡大

 アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題で、夏季、冬季五輪で実施される競技を統括する41団体のうち3割超の14団体が被害を認識していたことが21日、共同通信のアンケートで分かった。問題を把握した時期は7団体が10年以上前と回答。陸上や体操、テニスなど10団体は選手や関係者から実際に相談を受け、対策を求められていた。スポーツ界で長年続く問題の根深さが浮き彫りになった。

 11月上旬から中旬に行ったアンケートでは、41の国内競技団体(NF)から回答を得た。今後の対策として、2団体が選手に聞き取り調査を実施する方針を示し、15団体が検討していることも判明した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

郡山城跡での盆梅展の招待券

過去の大和郡山盆梅展の会場風景
提供元:大和郡山盆梅展実行委員会
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報