国際

米長官がタリバンと会談 - 米軍削減で治安悪化も

 21日、アフガニスタン首都カブールで、ロケット弾が住宅地に着弾し、病院へ運ばれる男性(ロイター=共同) 拡大

 【イスラマバード共同】ポンペオ米国務長官は21日、訪問先のカタールの首都ドーハでアフガニスタンの反政府武装勢力タリバンの交渉団と会談した。AP通信が報じた。トランプ米政権はアフガン和平を前進させたい考えで、ポンペオ氏はアフガン政府の交渉団とも会談した。だが米政府が発表した駐留米軍削減がさらなる治安悪化につながる恐れもあり、先行きは不透明だ。

 タリバンは政府との恒久停戦に向けた協議を始めた9月以降も各地で激しい戦闘を継続。内務省によると首都カブールでは21日、ロケット弾23発が着弾し、少なくとも8人が死亡した。タリバンは犯行を否定した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

郡山城跡での盆梅展の招待券

過去の大和郡山盆梅展の会場風景
提供元:大和郡山盆梅展実行委員会
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報