カルチャー

ALS介護の事業所設立、福島 - 病で父を失った3姉妹

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者宅を訪問し介護する、富永ひろみさん(右)と妹の滝田智恵さん=13日、福島県須賀川市 拡大

 福島県須賀川市で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を専門に24時間の訪問介護サービスを提供する事業所「ケアステーションふくしま24」が9月に誕生し、順調に運営を続けている。立ち上げたのは、ALSの父を東日本大震災の混乱で亡くした3姉妹。「介護に多くの人が関わってくれた。患者家族に寄り添い、恩返ししたい」と意気込む。

 長女富永ひろみさん(56)がヘルパー、次女滝田智恵さん(54)が事業所責任者として現場に入り、日本ALS協会福島県支部役員の三女長谷川智美さん(49)が利用者への制度説明や行政手続きを担う。今は県内外の患者6人を担当する。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

写真絵本「みそしるをつくる」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報