主要

プロ野球、観客増の影響を初検証 - 横浜スタジアムで新技術活用

 プロ野球の公式戦で上限の50%を超える観客を収容する実証実験が始まった横浜スタジアム=30日夜、横浜市 拡大

 新型コロナウイルス感染防止策として行われている大規模イベントの入場制限の緩和に向け、神奈川県やプロ野球DeNAなどは30日、横浜スタジアム(横浜市)での阪神戦で上限50%を超えた観客を収容し、その影響を検証する初の調査を始めた。高精細カメラや二酸化炭素(CO2)測定器を使用。初日の観客数は定員3万2402人の約51%となる1万6594人で、目標の80%に届かなかった。段階的に増やし、3連戦最終日となる11月1日は満員を目指す。

 横浜スタジアムは、来年夏の東京五輪で野球とソフトボールの会場になっており、五輪・パラリンピックに向けた参考事例となる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

書籍「料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと」

プレゼント写真
提供元:自然食通信社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報