国内

スターフライヤー、赤字最大 - 中間で64億円、コロナ影響

 記者会見するスターフライヤーの白水政治社長=30日午後、北九州市 拡大

 ANAホールディングス系の中堅航空会社スターフライヤー(北九州市)が30日発表した2020年9月中間決算(単体)は、純損益が11年の上場以来最大となる64億円の赤字となった。新型コロナの感染拡大による利用客の減少が響いた。売上高は前年同期比61・2%減の78億円だった。

 債務超過は回避できたが、自己資本の拡充が急務となる。北九州市内で記者会見した白水政治社長は「財務体質が痛んでおり、資本の増強を含めてさまざまな検討をしなければならない」と語った。ただ、9月末時点で銀行からの借り入れなどで111億円を確保しており、当面の資金繰りに問題はないと説明した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

書籍「料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと」

プレゼント写真
提供元:自然食通信社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報