カルチャー

がん治療遅れて脳に転移、徳島 - 医師がCT検査報告書を見落とす

 記者会見で謝罪する徳島県立中央病院の西村匡司院長=30日、徳島県庁 拡大

 徳島県立中央病院(徳島市)は30日、70代男性患者のコンピューター断層撮影(CT)検査の報告書に肺がんの疑いがあると記載されていたのに主治医が見落とし、治療が1年遅れたと発表した。男性は脳への転移が判明し、現在治療中。

 男性は昨年6月、大動脈瘤の治療のため手術を受けた。その後にCT検査の診断を担当した医師が、肺にがんの疑いがある影が映っていることに気づき、電子カルテで報告。しかし主治医は指摘を見落とした。今年6月、術後1年の経過観察で判明し、病院側は男性に謝罪した。主治医は「(報告書を)見たかどうか覚えていない」としている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

写真絵本「みそしるをつくる」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報