スポーツ

西武の高橋朋己が引退登板 - 2軍で打者1人を遊飛

 引退試合に登板後、ナインらに胴上げされる西武・高橋朋=30日、カーミニークフィールド(同球団提供) 拡大

 今季限りで現役を引退する西武の高橋朋己投手(31)が30日、カーミニークフィールドで行われたイースタン・リーグの巨人戦で引退試合に臨んだ。2016年に左肘手術を受け、18年には左肩を痛めた。九回に登板すると痛みをこらえて106キロの直球で打者1人を遊飛に打ち取り「痛かった。心の底から感謝の気持ちで投げた」と涙を流した。

 ナイター戦前の1軍の選手達も最後の勇姿を見届けに駆けつけた。岐阜聖徳学園大―西濃運輸を経て13年にドラフト4位で入団。14年に29セーブ、15年に22セーブと活躍した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

書籍「料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと」

プレゼント写真
提供元:自然食通信社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報