主要

年休取得、過去最多の10日 - 19年、義務化が後押し

 東京都心 拡大

 厚生労働省が30日発表した就労条件総合調査によると、企業で働く人が2019年に取った年次有給休暇(年休)の平均日数は前年比0・7日増の1人当たり10・1日と過去最多を更新した。付与された日数に対する平均取得率も3・9ポイント増の56・3%と過去最高となった。昨年4月、改正労働基準法の施行で始まった取得の義務付けが後押しした。

 ただ、政府は20年までに平均取得率を70%にする目標を掲げているが、達成は厳しい状況だ。同省の担当者は「働き方改革の相談などを通じて、企業に取得を呼びかけたい」としている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

写真絵本「みそしるをつくる」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報