国内

コロナ苦境からの業績復調が焦点 - 中間決算、10月下旬に本格化

 上場企業の2020年9月中間決算発表が10月下旬に本格化する。新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の停滞で4~6月期に大きく悪化した業績がどの程度上向くかが焦点だ。欧米でコロナ感染が再拡大する中、通期業績見通しが上方修正されるかなど、年度後半の収益に対する企業の見方も注目される。

 東京証券取引所の15日時点のまとめでは、11月中旬までに2200社以上の上場企業が中間決算を開示。ピークは10月30日で、339社が公表の予定。

 SMBC日興証券によると、政府の緊急事態宣言発令時期を含む4~6月期に、1部上場企業の純利益の合計は前年同期比で半減した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

上野耕平サクソフォンコンサート招待券

上野耕平
提供元:学園前ホール
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介