カルチャー

北海道沖地震を想定の防潮堤完成 - 福島第1原発、追加対策も

 福島第1原発に完成した防潮堤の一部=16日(東京電力提供) 拡大

 東京電力は25日、北海道東部沖のプレート境界「千島海溝」沿いで想定される超巨大地震の津波に備え、福島第1原発で昨年9月から建設してきた高さ11メートル、全長約600メートルの防潮堤が完成したと発表した。政府の地震調査委員会が2017年に公表した長期評価を踏まえた対応で、想定する津波の最高水位は海抜10・3メートル。

 しかし今年4月に内閣府有識者会議が出した日本海溝沿いの地震に伴う津波想定では、今回完成した防潮堤でも防げない恐れがある。そのため東電は、この防潮堤を海抜13~15メートルにする工事を行い、23年度までに完成させる計画だ。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

エコバッグ

プレゼント写真
提供元:日本豆乳協会
当選者数:120人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介