カルチャー

海のプラごみ対策を確認 - G20環境相会合

 先進国に新興国を加えた20カ国・地域(G20)は16日、テレビ会議で環境相会合を開いた。昨年のG20大阪サミットで合意した「2050年までにプラスチックごみの海への流出をゼロにする」との目標実現に向けて取り組むことや、G20以外の国にも参加を呼び掛けることを確認。地球温暖化対策は米国以外の各国が「パリ協定」の下で対策を進めることで一致した。

 日本の環境省によるとサンゴ礁の保全や砂漠化防止などもテーマになった。プラごみ対策では日本が世界の海の汚染地図を作ることを説明。新型コロナウイルス禍に関連し、環境に配慮した持続可能な経済復興が重要との認識を共有した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

福田眉仙展の招待券

「富士五湖」絹本着色(六曲一双屏風)1936(昭和11)年 姫路市立美術館蔵
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介