カルチャー

2030年排出削減目標55%に - 低炭素社会へ移行でEU経済復興

 16日、ブリュッセルの欧州議会本会議で施政方針演説するEUのフォンデアライエン欧州委員長(ロイター=共同) 拡大

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は16日、ブリュッセルの欧州議会本会議で今後1年の欧州委施政方針について演説し、温室効果ガス排出の2030年域内削減目標を現行の1990年比40%から55%に引き上げる方針を正式に提案した。新型コロナウイルスで打撃を受けた経済の復興も、低炭素社会への移行事業が主導すると強調した。

 フォンデアライエン氏は「脆弱な地球の未来を考えると(排出削減を)早急に加速するほかない」と指摘、加盟国に承認を求めた。目標引き上げで、排出を50年に実質ゼロとする目標の実現可能性を高める狙いがある。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

福田眉仙展の招待券

「富士五湖」絹本着色(六曲一双屏風)1936(昭和11)年 姫路市立美術館蔵
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介