スポーツ

広島のエース大瀬良、右肘を手術 - 今シーズン中の復帰は難しく

 広島の大瀬良大地投手 拡大

 広島は16日、大瀬良大地投手(29)が群馬県館林市内の病院で「右肘関節鏡視下遊離体摘出・骨棘切除・滑膜切除」の手術を受けたと発表した。全治までの期間は明らかにされていないが、今シーズン中の復帰は難しくなったとみられる。

 2年連続で開幕投手を務めた広島のエースは、7月末に「コンディション不良」で戦線を離脱。2週間後に一度は復帰したが、8月29日の阪神戦、9月5日のDeNA戦と2試合続けて打ち込まれて6日に出場選手登録を外れた。今季は11試合に登板して5勝4敗、防御率4・41。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

福田眉仙展の招待券

「富士五湖」絹本着色(六曲一双屏風)1936(昭和11)年 姫路市立美術館蔵
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介