国内

ケリー被告が「140億円不足」 - 逮捕前日、ノートに手書きで記載

 元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(66)の役員報酬の一部を隠したとして、金融商品取引法違反罪に問われた元代表取締役グレゴリー・ケリー被告(64)の公判が16日、東京地裁で開かれた。検察側は証拠調べで、ケリー被告が2018年11月に逮捕される前日、ノートに「不足額は合計140億円」と手書きで記載していたと明らかにした。

 ノートは逮捕時にも所持。公判では、ゴーン元会長への「未払い報酬」の支払いが確定したと言えるかどうかが争点となっている。検察側は未払い報酬の存在を示す証拠の一つとみている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

福田眉仙展の招待券

「富士五湖」絹本着色(六曲一双屏風)1936(昭和11)年 姫路市立美術館蔵
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介