カルチャー

名古屋城の“金しゃち”地上へ - 21年春、街に活気を

 名古屋城の天守にある「金のしゃちほこ」=9日、名古屋市(共同通信社ヘリから) 拡大

 名古屋のシンボルが地上に降臨―。名古屋市は16日、名古屋城の天守にある「金のしゃちほこ」を2021年春、地上で展示する考えを明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大で観光産業などが低迷する中、“金しゃち”効果で街に活気を与える狙い。金しゃちが地上で展示されるのは05年の愛知万博の際に下ろして以来16年ぶり。

 市によると、名古屋城の金しゃちは戦災で焼失した初代に代わり、1959年の現天守の再建に合わせて復元された。雌雄一対で、高さ約2・6メートル、重さ約1・2トン。北側の雄の方が大きく、2体で計約88キロの18金で覆われている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

福田眉仙展の招待券

「富士五湖」絹本着色(六曲一双屏風)1936(昭和11)年 姫路市立美術館蔵
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介