国内

JR西日本、過去最大の赤字へ - コロナ直撃で2400億円

 記者会見するJR西日本の倉坂昇治取締役専務執行役員=16日午後、大阪市 拡大

 JR西日本は16日、新型コロナの影響で未定としていた2021年3月期連結決算の業績予想を公表した。純損益は2400億円の赤字(前期は893億円の黒字)で、1987年に国鉄から民営化して以降最大となる。新型コロナ感染拡大による外出自粛が直撃、旅行や出張目的の鉄道利用は低迷が続くと予想した。

 鉄道利用者の減少は長期化が避けられず、ダイヤや運賃見直しなど抜本的な経営改善策が急務となる。大阪市の本社で記者会見した倉坂昇治取締役専務執行役員は「将来必ずしもコロナ禍以前の状況に戻らない可能性があるが、施策を積み重ねて鉄道を利用してもらうようにしたい」と述べた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

福田眉仙展の招待券

「富士五湖」絹本着色(六曲一双屏風)1936(昭和11)年 姫路市立美術館蔵
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介