国内

北アルプス遭難相次ぐ、2人死亡 - 長野、2人が足や頭にけが

 長野県警は2日、北アルプスで遭難事故が相次ぎ、2人の死亡を確認し、2人が負傷したと明らかにした。

 県警によると、7月30日午後0時半ごろ、白岳山頂付近で意識のない高齢の男性が倒れているのを別の登山者が発見。天候の回復を待って大町署員らが8月2日に救助したが、死亡が確認された。

 2日は、前穂高岳で東京都東村山市の自営業の女性(52)が約200メートル滑落。頭を強く打って心肺停止状態で病院に搬送され、死亡した。

 槍ケ岳ではクライミングをしていた神奈川県葉山町の会社役員の男性(74)と東京都足立区の税理士の女性(56)が滑落し、足や頭にけがを負った。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介