主要

米、駐留費交渉代表に知日派起用 - 元駐日公使、態勢強化する狙い

Array 拡大

 【ワシントン共同】トランプ米政権は今年始まる在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)を決める日米協議を巡り、米側交渉代表にダーナ・ウェルトン元駐日公使(政務担当)を起用する方針を固めた。知日派の起用で交渉開始に向け態勢を強化する狙いがあるとみられる。複数の関係国筋が1日明らかにした。

 トランプ政権は日本側に駐留経費の負担増を求める方針を示している。継続中の米韓交渉を担ってきた国務省のデハート氏が、対日協議も担当するとみられていたが7月に異動し、後任が注目されていた。

 国務省によると、ウェルトン氏は2013~15年に在日米大使館に駐在。日本語も堪能とされる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

桂吉弥独演会の招待券

桂吉弥
提供元:学園前ホール
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報