カルチャー

鳥取でナシの出荷始まる - 実は小ぶりでも甘く

 鳥取県米子市で始まったナシの出荷作業=2日 拡大

 全国有数のナシの産地鳥取県で2日、県内産のトップを切って、ハウス栽培の「二十世紀梨」や県オリジナルの「夏さやか」など青ナシのわせ品種の出荷が始まった。3日には地元のほか京都や大阪、広島で店頭に鮮やかな黄緑色の実が並ぶ。

 米子市内の選果場ではマスク姿の選果員約50人が計約6トンを選別。実を手に取って軸を切り、傷の有無や形を見極めた。

 JA鳥取西部によると、4月の交配時期に気温が上がらず、昨年より収量は下がりそう。実は小ぶりだが糖度に問題はない。生産者の長谷川彰一さん(59)は「暖冬に始まり低温、長雨と苦労続き。夏場は日照に恵まれてほしい」と話した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介