国内

英連邦捕虜1800人の追悼集会 - 横浜の墓地、原爆犠牲者も

 第2次大戦中に日本軍の捕虜となり、全国各地で労働中の事故や病気、米軍の原爆投下などにより死亡した英国の兵士ら約1800人を追悼する集会が1日、横浜市保土ケ谷区の英連邦戦死者墓地で開かれた。日本基督教団の関田寛雄牧師(91)は「母国や家族を思いつつ、異国の地で生涯を終えざるを得なかった兵士たちを追悼したい」とあいさつした。

 各国の大使館関係者や市民ら約160人が参列。ニュージーランド大使館の駐在武官ニコラス・マクミラン空軍大佐は「悲惨な状況に生きた捕虜の現実は見過ごされがちだ。私たちは尊厳を持って人間を扱う道義的な義務がある」と述べた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介