国際

NY、黒人男性を見せ物と謝罪 - 100年前、ブロンクス動物園

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク市のブロンクス動物園を運営する「野生動物保護協会」は7月31日までに、同動物園で1906年、アフリカ中部出身の黒人男性をオランウータンと同じおりに入れて見せ物にしたとして、謝罪する声明を出した。

 声明によると、男性は現在のコンゴ(旧ザイール)出身。1906年9月の数日間、同動物園のサル舎で見せ物にされ、非人道的状況に置かれた。声明は「こうした行いをこれまで非難しなかったことで多くの人を傷つけた」として謝罪した。

 男性は1週間ほどで解放され、ニューヨーク市南部ブルックリンの施設に入ったが、約10年後に自殺したという。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介