主要

将棋の藤井七段が王位戦2連勝 - タイトル最年少での奪取目指す

 藤井聡太七段 拡大
 第61期王位戦7番勝負の第2局で木村一基王位(左)に勝利し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太七段=14日午後、札幌市(日本将棋連盟提供) 拡大

 将棋の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦7番勝負の第2局は13、14の両日、札幌市で指され、144手で後手の藤井七段が勝ち、2連勝とした。棋聖戦とのダブルタイトル戦に挑む高校生プロは、最年少での奪取を目指す。

 6月8日に開幕した棋聖戦5番勝負では、第3局を終えて2勝1敗とし、奪取にあと1勝と迫っている。最も若い獲得は1990年、屋敷伸之九段(48)の18歳6カ月。並行して行われる王位戦か棋聖戦のいずれかでシリーズを制すれば、30年ぶりにこの記録を更新する。

 第3局は8月4、5日に神戸市で行われる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介