カルチャー

東京都庁の展望室、感染防ぎ再開 - 眼下の景色、4カ月ぶり

 利用が再開された東京都庁第1本庁舎の展望室。訪れた人たちは間隔を空けて景色を眺めていた=1日午前10時4分 拡大

 東京都は1日、新型コロナウイルス対策で2月27日から休止していた都庁第1本庁舎の展望室の利用を再開した。一度に入室できる人数を100人程度とした上で、当面は午前10時から午後5時までとし、従来より短縮する。初日は雨が降って天候が悪く、訪れる人はまばらだった。

 入室前には、検温や消毒など感染拡大防止策を実施。それぞれ距離をとって景色を見るよう求める表示をして、世界的な美術家草間弥生さんが装飾したグランドピアノは写真撮影のみとした。

 展望室は庁舎の北側と南側のそれぞれ45階にあり、約200メートルの高さから富士山や東京スカイツリーなどの景色を一望できる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

プロ野球・金子侑司選手の公式本

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介