国内

東証、午前終値は2万2246円 - コロナが重荷

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町 拡大

 1日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日終値近辺で推移した。前日の米国株高が追い風となった。ただ新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続いていることは重荷で、売り注文も目立った。

 午前終値は前日終値比41円94銭安の2万2246円20銭。東証株価指数(TOPIX)は6・97ポイント安の1551・80。

 景気指標の改善や半導体関連企業の堅調な決算などを手掛かりに前日の米ダウ工業株平均が上昇し、東京市場の心理を明るくした。一方、米国などで新型コロナ感染症が大規模に流行しているほか、国内の感染確認も連日相次ぎ、経済活動停滞への懸念がくすぶった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

プロ野球・金子侑司選手の公式本

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介