主要

米国務長官「一国一制度」と批判 - 香港の優遇廃止進める

 ポンペオ米国務長官(AP=共同) 拡大

 【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は6月30日、声明を発表し、中国政府による「香港国家安全維持法」施行を受け「一国二制度を一国一制度に変えた」と批判、米国が香港に認めてきた優遇措置の廃止に向けた動きを進める考えを示した。

 ポンペオ氏は同法施行に関し「中国共産党の決定は(香港の)自治と中国の最も優れた成果の一つを破壊するものだ」と指摘。「今日は香港や中国の自由を愛する人々にとって悲しい日となった」と中国の対応に反発した。

 さらに「米国は引き続き、香港の自由を愛する人々を支持し、言論や報道、集会の自由、法の支配に対する中国の攻撃に対応する」と強調した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

近代女流美人画家3人展の招待券

島成園「美人」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介