主要

景況感、リーマン以来の低水準 - 6月の日銀短観、大企業製造業

 日本銀行本店=東京・日本橋 拡大

 日銀が1日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、代表的な指標である大企業製造業の業況判断指数(DI)が3月の前回調査から26ポイント下落のマイナス34となった。リーマン・ショック直後の2009年6月(マイナス48)以来、11年ぶりの低水準。幅広い業種が新型コロナウイルス感染症の打撃を受け、景況感は6四半期(1年6カ月)連続で悪化した。

 大企業非製造業でも宿泊・飲食サービスなどの悪化が鮮明で、DIは25ポイント下落のマイナス17だった。日本経済は最悪期を脱し、回復軌道に乗せられるかどうかの岐路に立たされている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

近代女流美人画家3人展の招待券

島成園「美人」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介