国際

米、ファーウェイ機器を排除 - 通信委「安全保障上の脅威」

 【ワシントン共同】米連邦通信委員会(FCC)は6月30日、国内の通信会社が補助金を使って中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の機器を購入するのを一切禁止すると発表した。FCCは両社を「安全保障上の脅威」と認定し、政府調達に続き、民間でも中国企業排除の姿勢を明確にした。

 FCCは同日付で新規購入に加え、機器の維持や修理なども禁じた。FCCは声明で「ファーウェイとZTEは中国共産党や軍と密接につながっている」と指摘。中国政府に機密情報が流出するリスクを懸念し、今回の措置は「米国の通信網を守る大きな一歩だ」と正当性を強調した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

プロ野球・金子侑司選手の公式本

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介