カルチャー

“渋沢栄一アンドロイド”公開 - 故郷の埼玉・深谷市で

 お披露目された渋沢栄一のアンドロイドと並んで笑顔を見せる深谷市の小島進市長(左)と鳥羽博道ドトールコーヒー名誉会長(中央)=30日午後、埼玉県深谷市 拡大

 明治期の実業家、渋沢栄一の生前の姿を再現したアンドロイドが30日、出身地の埼玉県深谷市でお披露目された。2024年度から、新1万円札の顔になる偉人の功績を広く知ってもらおうと、市がロボットメーカーに委託して制作。市内の渋沢栄一記念館で7月3日から、事前予約制で一般公開する。

 同記念館で開かれた除幕式で、小島進市長は「新型コロナウイルスで大変な今、渋沢がいたらと思う」とあいさつ。技術指導したロボット学者の石黒浩大阪大教授も出席し「生身に近い形でよみがえり、多くの人に良い影響を与えるのでは」と話した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介