国際

ダッカテロ4年、鉄道開業遅れも - 犠牲者ら関与、コロナで工事中断

 バングラデシュの首都ダッカで行われている都市高速鉄道の建設現場=26日(共同) 拡大

 【ニューデリー共同】バングラデシュの首都ダッカで日本人7人を含む22人が殺害された飲食店襲撃テロから7月1日で4年。犠牲者が関わった都市高速鉄道の整備事業は一時中断を挟んだ後、現在は高架橋の工事が進む。しかし新型コロナウイルスの流行で工事は再び中断に追い込まれ、来年末の部分開業が遅れる可能性も出ている。

 首都中心部の幹線道路に橋脚が立ち並ぶ。ダッカ初の都市高速鉄道の建設現場だ。国際協力機構(JICA)によると、総事業費3700億円のうち2375億円が円借款で賄われる。ダッカではバスや乗用車が主な交通手段で、深刻な渋滞の解消が期待されている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介