主要

コロナ搬送先設定は27都道府県 - 感染疑い救急患者、厚労省調査

 厚生労働省は1日、新型コロナウイルスに対する救急医療提供体制について、全都道府県を対象とした調査結果を公表した。感染が疑われる救急患者の搬送先となる医療機関を設定済みなのは5月19日時点で、全体の6割弱の27都道府県にとどまっていたことが判明。8府県が未設定で、12県は検討中としている。

 厚労省によると、発熱などの症状がある救急患者の受け入れ先が決まらない「たらい回し」が各地で相次いだことから、実態把握のため、全国調査を実施したという。

 同省担当者は、未設定でも対応できるとした自治体もあるとしつつ「ルール化した方が望ましい」として設定を促す考えを示した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

プロ野球・金子侑司選手の公式本

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介