主要

5月の百貨店売上高、6~8割減 - 下落率は縮小、大手4社

 大手百貨店4社の5月の既存店売上高 拡大

 大手百貨店4社が1日発表した5月の既存店売上高(速報)は、前年同月の実績と比べ6~8割程度の減少となった。4月は7~8割減と前例のない落ち込みとなったが、4社とも4月より下落率は縮小した。新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の解除などを受けて、営業再開の動きが相次いだため。

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)が78・1%減、大丸や松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングが73・2%減、高島屋は62・9%減、そごう・西武は61・5%減だった。

 高島屋とそごう・西武は4月から全店で食品売り場の営業を継続したため、減少率がやや小さかった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

プロ野球・金子侑司選手の公式本

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介