国際

米政権、核実験再開を議論 - 中ロにらみ、結論至らず

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は22日、トランプ政権の安全保障担当者らが核実験の再開について議論したと伝えた。核軍縮の新たな枠組み作りに消極的な中国やロシアをけん制する狙いだが、結論は出なかったもよう。実施すれば1992年の地下核実験停止以来で、国際的な核開発競争が激化すると懸念されている。

 同紙によると、中国やロシアが核爆発を伴う実験をした可能性があるとトランプ政権が見ている点を踏まえ、15日の政府高官の会議で議論した。核兵器の研究・製造・実験を担当する核安全保障局(NNSA)の反対が強かったという。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

戦後日本美術の展覧会の招待券

白髪一雄「貞宗」1961年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介