国内

京産大に脅迫電話やメール相次ぐ - 新型コロナ、警察へ被害届を検討

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した京都産業大に対し、「大学に火を付ける」「殺す」などと危害を加えることを示唆する電話やメールが相次いでいることが7日、大学への取材で分かった。

 大学によると、3月30日から4月4日までに、多数の電話やメールが寄せられた。脅迫的な内容も複数あり、ほかに「(感染した)学生の住所を教えろ」という内容もあった。警察への被害届提出など、対応を検討している。

 学生や教職員が、差別的な言動を受けるケースも頻発しているという。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

戦後日本美術の展覧会の招待券

白髪一雄「貞宗」1961年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介